オンラインビジネスで起業する方法

オンラインビジネスで起業したいのですが、初心者はどんなことに気をつければイイですか?
どんなビジネスを選べばよいでしょうか?

「オンライン起業」は、予算が少ない個人にとって、とても有利な方法です。

オンライン起業であれば、パソコン一台、デスクから一歩も動くことなく、マネタイズ(お金を生むこと)も可能です。

この記事では「オンラインビジネスのはじめかた」について、初心者の方向けにお伝えします。

この記事でわかること
  • オンラインビジネスで起業する「オンライン起業」とは何か?
  • オンライン起業には、どんなビジネスが向いているのか?
  • オンライン起業で、最低限必要なものは?
この記事の信頼性

個人事業から最大スタッフ10人程度までのスモールビジネス専門のコンサルタントです。
自治体(県や市)、商工会議所などの経営相談員やセミナー講師の委託も受けていますので、あるていど安心していただけるかと思います。

オンライン起業とは

オンライン起業は、「ネット起業」などとも呼ばれています。

オンラインビジネスで起業すること、つまり

「インターネット上で仕事の大部分が完結するビジネス」のことです。

明確な定義があるわけではないので

「どこからどこまでがオンライン起業で、どうであればオンライン起業ではないのか」

という、はっきりとした線引きがあるわけではありません。

パソコンとインターネット接続環境、わずかな周辺機器だけで起業が可能なため、移動先でも仕事がしやすい「身軽な起業」として人気です。

オンライン起業の有利な点

オンライン起業は、個人やフリーランスがビジネスをはじめるにあたって、スピーディに、小さなリスクと少ない予算で立ち上げられる条件が揃っています。

小さくビジネスをはじめる場合、次のような条件がそろっていると、成功しやすいと言われています。

起業を成功させる条件

  1. 資本ゼロあるいは小資本で始められる
  2. 利益率が高い
  3. 在庫を持たない
  4. 定期的に一定額の収入が入ってくる

工夫次第ではこれらの条件をすべて揃えたビジネスをスタートさせることができます。

オンライン起業に向いている業種

オンラインでビジネスをはじめる理想的なケースとしては

専門分野の知識を持った人が、オンラインでアドバイスやノウハウといったスキルを販売する

というものです。

教育系、教材、塾などの「情報商品」が、もっとも早くスタートさせることができます。

なので、業種としては

  • 先生業、講師業
  • カウンセリング、アドバイザー、コンサルティング
  • クラブ活動、サークル活動

がいちばん向いています。

ほかにも

  • ネットショップで物品を販売する
  • ネットショップでマンツーマンのサービス(カウンセリングなど)を販売する
  • デザイナーさんやライターさんがネット経由で受注して納品する

といったビジネスでもオンライン起業と言えますが、さきほどの「オンライン起業を成功させる条件」のいずれかの条件が成り立たないケースが増えます。

なので、たとえば「ネットショップで物品を販売する」というビジネスを選んだ場合、早く成功パターンやノウハウを構築して

「ネットショップ成功法」

といった情報商品の販売やオンライン教室などを開いたほうが、ビジネスとして軌道に乗りやすくなります。

オンライン起業で必要なもの

教材などを販売するオンライン起業を選択した場合、立ち上げに必要なものは

  • 自分の専門分野のスキル
  • パソコンと通信環境

だけでスタートすることができます。

もちろん、ビジネスをスタートするためにはブログを立ち上げたほうが有利なので、準備したほうがいいです。

こちらも最初はきわめてローコストで立ち上げることができます。

デザインなどの細かい点にこだわって完成度を高めるよりも、サッサと立ち上げてしまうことがポイントです。

なんといっても、オンライン起業はスピード命なんですからね。

そのほか、実際にビジネスをスタートする前に用意しておいたほうがよいモノについてお伝えしておきます。

商品(サービス)

販売するものが動画であれば動画を用意しておく必要があります。

プロのYoutuberのように編集しようと思うとそこで時間を浪費し、スピードを損ねてしまいます。

商品もできるだけ早く作り上げ、販売しながら「磨き上げ」に時間をかけるようにします。

ブログ

告知するための発信手段が必要です。

ブログだけでじゅうぶんなわけではなく、ブログはあなたの「情報発信基地」として機能し、そのほかにSNSやYoutubeなど、使えるものは何でも使って告知します。

これをやらないと、いくらいいサービスを作っても売れませんので、力を入れましょう。

販売/決済手段

お知らせしただけでは、お客さんは買うことができません。

ネットショップ構築サービスやオンラインサロン構築サービス、有料記事販売サービスなどを利用して、「売ること」「お金を受け取ること」ができるようにしておきましょう。

オンライン起業での仕事の獲りかた

いわゆる「集客をどうするか」という問題です。

これにはいくつかルートがあって、業種やサービスの提供方法などによって、適したルートが異なります。

もちろん、ルートはいくつか持っていたほうが有利なので、これらのうち2つは手段として持っておいたほうがいいですね。

  1. SEOで検索経由を狙う
  2. SNSで人間関係をベースに売っていく
  3. クラウドソーシングサイトで仕事を得る
  4. アナログでオフラインな営業をおこなう

集客から料金回収にいたるまで「完全オンラインで完結」を目指す場合「アナログでオフライン営業」は選択肢から外れると思います。

実際、Youtuberなどは「完全オンライン」を実現しているように見えるかもしれませんが、実は裏では地道な「リアル営業」をしていることも多いです。

たとえば、こんなことです。

  • 地域のコミュニティや会合に顔を出す。
  • SNSで知り合った人たちとのオフ会。
  • 勉強会やセミナーで人脈構築。

リアルな営業活動というと

オンライン起業を目指しているのにリアル営業かよ。

もともとリアル営業がイヤだからオンライン起業を目指しているのに。

と感じるかもしれません。

ビジネスの基盤が整い、ネット上での知名度が上がるまでは、オフライン活動も積極的に行うほうが、最終的に「完全オンライン」を達成するには近道かもしれません。

オンライン起業をはじめる際の注意点

オンライン起業は、小資本でスピーディに立ち上げることができるため、副業での立ち上げや、主婦の立ち上げも目立ちます。

そのぶん、失敗する人も後を絶ちません。

小資本なので失敗しても知れているので、その点は安心でしょう。

ただこれによって、かえって心配な点があります。

コストがかからないぶん、いつまでも売上が上がらなくてもズルズルと続けることができてしまう点。

なのです。

【リビングデッド】
「生きている死体」という意味で、はんぶん死にかけているのに、いつまでもズルズルと生きている状態

コストやリスクがある商売であれば、どこかで「見切り」が必要なのですが、コストがかからないぶん、いつまでも「夢」を追い続けてしまうことができるということです。

実はこのような「リビングデッド状態の人」はとても多いのです。

これを回避するには「事業計画を作る」「撤退条件を設ける」など、計画性や戦略性がポイントになってきます。

まとめ:気軽に始められるぶん、ズルズルやらない注意が必要

オンライン起業は、専門分野の知識とパソコンがあれば始めることができてしまいます。

そのぶん、うまくいかなくてもズルズルと同じやり方にしがみついてしまう人も多いです。

リスクが低いのですから、しばらくやってうまくいかなかったら、どんどんほかのやり方を取り入れたり、変化させていくだけの柔軟性が必要です。

おまけ「オンライン起業のはじめかた」ウェブセミナー開催します

ご注意:こちらのセミナーは、のこり7月31日(金)のみの席が空いております。(2020年7月25日現在)

もっと具体的なお話しが聞きたい!

というかたのために、「オンライン起業のはじめかた」のウェブセミナー(ウェビナー)を開催することにしました。

オンラインでの起業をオススメするのですから、もちろんセミナーもオンライン上で開催します。

日程は、3日の中からご都合のよい日程をお選びいただけます。

※「通し」のイベントではありません。

  • 最短の日数で立ち上げる「オンライン起業」でやるべきこと
  • オンラインで販売するサービスや商品づくり
  • 集客や発信のための行動や注意点

などについてお伝えします。

いまの事業をオンライン化、リモート化したい!

というかたも、ぜひご覧ください。

フォローしてね!

ひとりで経営している人に役立つ無料メルマガ配信中

フリーランスや個人事業、「起業をやりなおしたい人」を中心に1,000人の方から支持を頂いているメルマガです。